TAKAHIRO HIRAKAWA DESIGN

四万十檜の棚
エコプロダクツデザインコンペ2007 企業賞


檜の間伐材を棚板に用いた棚です。
檜の板はとても良い香りがします。
この檜の香りと、集成材ならではの素材を活かすため、棚にすることにしました。できるだけ廃材を出さないように、集成時の板のままです。
こうして出来上がった棚は板と柱だけのシンプルな構成です。


→エコプロダクツデザインコンペ2007LinkIcon

PRODUCT

AWARD